SPACE
募集中
SPACE
お問い合わせはこちら
SPACE
審判員講習
トップページ >> 綱引とは

綱引の歴史

綱引の歴史

 「綱を引く」、それは古代の儀式と信仰から始まり、豊作を祈る行事、争いを鎮めたり領土を獲得するための手段など、世界各地にさまざまな歴史があります。綱引の起源はこのような神事や伝統行事として始まり、続いてきたと想像することができます。

 日本での「綱引」の歴史も古く、五穀豊穣や吉兆を占う儀式として行なわれていました。現在も各地でさまざまな形態の綱引が数多く残っています。秋田県の「刈和野大綱引」、佐賀県の「呼子大綱引」、鹿児島県の「川内大綱引」、沖縄県の「与那原大綱引」などが有名で、いずれも豊作・豊漁を願う伝統行事として引き継がれています。

 クーベルタン男爵の提唱により始まった近代オリンピックでは、1900年第2回パリ大会から1920年第7回アントワープ大会まで、綱引競技はアスレチック競技(陸上競技)種目に含まれていましたが、参加競技者の身体の肥大化が問題となり、第8回大会以降オリンピック競技から削除されました。

 その後、ヨーロッパではスウェーデンをはじめ各国に綱引連盟が設立されます。1960年にスウェーデンとイギリスの主導により国際綱引連盟(TWIF/本部オランダ)が創設され、統一されたルールのもとに国際大会が開催されるようになりました。現在では世界20カ国が加盟する組織になり、2年ごとに世界選手権が開催されています。また、ワールドゲームズ(オリンピック以外の種目による国際大会)でも第1回大会から正式種目として実施されています。

 日本では1980年に日本綱引連盟(JTWF)が任意団体として設立され、翌1981年には第1回全日本綱引選手権が開催されました。以後47都道府県からの男女代表チームによる全日本綱引選手権大会が毎年開催されています。1985年にTWIFに加入し、1989年には社団法人日本綱引連盟が文部省(現文部科学省)より設立認可されました。

 現在、日本の競技綱引人口は推定6万人で、当連盟に登録されている競技者は約1万人(900チーム)です。その他、登録公認審判員は約3000人です。綱引人口の動向は、1992年頃をピークに徐々に減少傾向が見られましたが、2000年頃より再び増加しています。

 2001年に秋田県で開催されたワールドゲームズでは、日本はインドアのみに出場し、男子が銅1個、女子が銀2個の成績でした。2002年のインドア世界選手権(アイルランド)では、男子は銀、女子は金、銀に輝いています。

綱引のルール説明

綱引のルール

 綱引は誰もが知っているスポーツですが、厳格な体重制によるクラス分けや競技中の複雑なルールがあります。また高度なテクニック、パワー、体力、チームワークに加え、忍耐力など精神面での強さが重要となる競技です。

■12人で1チーム、選手は8人。
選手8人、交代要員2人、監督1人、コーチ1人、計12人構成で競技にあたります。競技は8名の選手によって行われますが、監督やマネージャーが選手を兼任しても構いません。

■ライトミドル級は8人の合計体重が600kg以下。
8人の選手の合計体重で各階級に分けられます。現在日本では、男子ライトミドル級・女子ライトフェザー級が主に行われています。競技開始前には審判員立ち合いのもとで厳正な計量がなされます。

■綱の長さや太さも決まっている。
公式競技用の綱は太さ10cm~12.5cm、長さ33.5m~36mという規定があります。ジュニア部門の綱は太さ9cm~10cm、長さ28m~30mと定められています。

■ホットポジション、アンカー
チームの最後部に位置する選手はアンカーと呼ばれ、身体に綱を巻いたような持ち方をします。

■主審の合図に従ってGO。
Pick up the Ropeの合図で選手は綱を持ち、Take the Strainでロープを張りながらお互いの中心を合わせます。Steadyで静止をして、Pullで試合を開始します。

■お尻を床や地面につけたら反則。
足以外の身体の部分が床と接触したり、床に座り込んだり、寝転んだりしたら、反則です。また、膝や腿を使ってロープを固定する行為も反則です。

■4メートル引っ張った方が勝ち。
地面に引かれた3本の線は、真ん中を「センターライン」、その2メール離れた位置に引かれた線を「2メートルライン」といいます。一方、綱にも3箇所の目印があり、センターマーク、2メートル離れた位置にホワイトマークがあります。2メートルラインとホワイトマークが重なる位置まで引くことで勝敗を競います。